ワンピースについて詳しく調べていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告
ジャンプ記事一覧 マンガタイトル一覧 前回 次回

タイトル 第533話 ”LV4 焦熱地獄”
収録コミックス 第55巻

内容:ルフィたちは、レベル4へ入る。
詳細は続きへ


週刊少年ジャンプ 2009 13号
発売日 2009年2月23日

ジャンプに掲載されている順番 3番目

トビラ絵 1ページ
トビラ絵登場キャラクター:サンジ

【詳細な内容】

エース処刑まで、29時間。ハンコックは、ルフィの無事を祈りつつ、海軍船へ乗り込む。モモンガ中将は、部下の連絡を受ける。新世界で、赤髪とカイドウが小競り合いを起こしたという。モモンガ中将は、マリンフォードへ向けて出発する。

ルフィたちは、互いの目的が違うため、行き先について揉めていると、ミノタウロスとの戦いの衝撃によるダメージで床が崩れ、レベル4に落ちてしまう。

レベル4では、囚人たちが獄卒獣に煮えたぎる血の池に落とされ、それ拒む一人の囚人が他の囚人を殴り倒しながら逃げ出すが、Mr.1に反撃を食らい血の池に落ちてしまう。

マゼランは、状況報告を確認し、部下をルフィたちの逃げ場を防ぐ形で配置する。

レベル4に落ちると、ルフィは食べ物のにおいに釣られ、調理室の方向へと向かう。獄卒が立ちはだかるが、倒していく。

Mr.3とバギーは、様子の変化を感じ、調理室に向かわず、状況を確認する。

ルフィとボン・クレーは、そのまま調理室を目指すが、マゼランが現れる。


【コメント】

エース処刑まで、29時間という状況のようです。ハンコックは、マリンフォードへ出発し、シャンクスは、カイドウと戦っているみたいです。この状況からすると、シャンクスの参戦はなさそうです。

レベル4では、Mr.1が登場しました。Mr.1もバギーたちのように、本人の意思はどうあれ、ルフィに協力することになるのでしょうか。

他の獄卒獣が登場しましたが、ミノタウロスと同じくのんびりそうな姿と凶悪そうな武器を持ったアンバランスな動物たちでした。

そして、ルフィたちはいきなりマゼランと出会ってしまいました。マゼランは、かなり強そうですが、どうなるでしょうか。調理室の隣は、マゼランの部屋でそこにはレベル5に行ける階段があるようですし、サディちゃん、獄卒獣、ハンニャバルは、その反対側の階段を見張っています。マゼランさえ倒せば、認証の類はボン・クレーのマネマネでマゼランになれば、通るのは簡単そうな気がします。

エースが、助けられてしまえば、白ひげと七武海の戦いもいらなくなってしまうし、マリンフォードまで、もつれ込んだ場合は、ルフィが介入できるようなレベルではないような気もしますし、どうなるのか楽しみです。状況からすると、マリンフォードまでいく可能性が高いでしょうか。麦わら一味の仲間もその辺りで再会という感じになるのでしょうか。

状況をチェック
エース処刑まで29時間。翌日午後3時予定。現在時刻は、午前10時。エース護送は明朝(8時前後ぐらい?)。エースを助けるまでの猶予は、丸一日ぐらいという感じでしょうか。



【本編コマ割り数】
本編 18ページ 80コマ

1ページ目 6コマ
2ページ目 7コマ
3ページ目 4コマ
4ページ目 8コマ
5・6ページ目 4コマ
7ページ目 6コマ
8ページ目 4コマ
9・10ページ目 3コマ
11ページ目 5コマ
12ページ目 5コマ
13ページ目 5コマ
14ページ目 4コマ
15ページ目 5コマ
16ページ目 6コマ
17・18ページ目 8コマ


【キャラクター登場数】
1位ルフィ 19コマ 23.8%
2位Mr.3 14コマ 17.5%
3位ボン・クレー 13コマ 16.3%
4位バギー 12コマ 15.0%
5位マゼラン 10コマ 12.5%
6位サディ 7コマ 8.8%
7位ミノゼブラ 6コマ 7.5%
7位ミノコアラ 6コマ 7.5%
9位Mr.1 5コマ 6.3%
10位ハンニャバル 4コマ 5.0%
10位ハンコック 4コマ 5.0%
10位モモンガ 4コマ 5.0%
13位ミノリノケロス 2コマ 2.5%
14位ミノタウロス 1コマ 1.3%
15位ゾロ 0コマ 0.0%
15位ナミ 0コマ 0.0%
15位ウソップ 0コマ 0.0%
15位サンジ 0コマ 0.0%
15位チョッパー 0コマ 0.0%
15位ロビン 0コマ 0.0%
15位フランキー 0コマ 0.0%
15位ブルック 0コマ 0.0%

【メモ】
インペルダウン:レベル4:煮えたぎる血の池がある。認証なしで通れる階段は、レベル3行きとレベル5行きのそれぞれ1本ずつのみ。食料保存庫、調理室がある。

Mr.1:インペルダウンのレベル4に幽閉されている。

マゼラン:閉ざされた場所を好む。

ミノリノケロス:獄卒獣。内気。

ミノコアラ:獄卒獣。武闘派。

ミノゼブラ:獄卒獣。人見知り。

ルフィ:ゴムゴムの花火を使用。



【ワンピース情報メモ】

■コミックス
ONE PIECE53巻
発売日:2009年3月4日

この記事は以下のブログにトラックバックしています。

ワンピースの感想を載せているブログ

Happy☆Luckyhttp://mirumo.serika.ciao.jp/
感想ページ:ジャンプ感想>「ジャンプ 13号 感想

ビヨビヨ日記帳2http://biyo555.blog43.fc2.com/
感想ページ:W j>「ジャンプ13号 べるぜバブが新連載


関連する記事
スポンサーサイト
タグ: 話数501~600話
コメント
この記事へのコメント
カイドウキター
2009/02/18(水) 17:22 | URL | #-[ 編集]
 元バロックワークス・エージェントMr.1(殺し屋、ダズ・ボーネス)も出て来ましたね。スパスパの実、全身刃物人間。
こいつが、どうルフィに絡んで来るか、果たしてルフィに協力してくれるかどうか。??
2009/02/18(水) 18:57 | URL | K #-[ 編集]
ワンピース 第533話 Lv4 焦熱地獄
扉絵 雪の日にコーヒーを飲みながら空を見るサンジ

『インペルダウン裏通路』

ハンコック「彼の処刑まであとどのくらいじゃ」
モモンガ 「――29時間・・・・明日の午後3時に・・・全てが終わる。万に一つ・・・何も起こらなければの話だ」
海兵   「ポートガス・D・エース護送は明朝の予定です」

ハンコック、外からインペルダウンを見上げ

ハンコック(ルフィ・・・そなたが無事でさえいてくれればわらわは・・・)

海兵  「モモンガ中将!!!」
モモンガ「どうした」
海兵  「新世界にて赤髪が少々小競り合いを起こしたそうで」
モモンガ「赤髪が!?何かの間違いじゃないか・・・なぜ今・・・相手は誰だ・・・・!!」
海兵  「四皇のカイドウです・・・!!!この期に白ひげを討ち取ろうというカイドウを赤髪が
     止めたのではという本部の見解で・・・皆、冷や汗を流しました・・・・・!!」
モモンガ「・・・・・!!そういう事態が平然と起こるか・・・・何という不安定な海・・・・・!!!
     四皇同士の小競り合いなど、現状手に余るただならぬ事件・・・・!!!
     白ひげとの戦いを避けて通る道など・・・・万に一つもないのかも知れんな・・・!!世界がそれを感じ取っている。マリンフォードへ急ぐぞ!!」
海兵  「はっ!!!」

その頃、インペルダウン――LEVEL3吹き抜けの塔内部――

バギー「下は焦熱地獄だぞ!!?行かねェよ!!俺たちLEVEL4へは!!」
ルフィ「なんで?」
バギー「何でじゃねェよ!!」
Mr3「脱・獄したいんだガネ、脱・獄!!!」
バギー「そうだ、俺たちが行きてェのは上!!上だがね!!」
ルフィ「うわっ!デッケー鼻血の塊取れた」
バギー「てめェ、聞いてんのかよっ!!!」

ボンクレー「麦ちゃん放っておきなさいよ、そんな丸っきり根性ナッスィンガー共なんて」
バギー  「誰が丸ッ鼻コントみたいダーだァ!!!」
ボンクレー「ナニソレ!!?あちしの言葉DO聞いたらそうなんの!!?もう決めた!!あちし回る!!(回る)」
ルフィ  「おい、ここの天井どんどん高くなっていくぞ」
Mr3  「おー、ホントだがネ。ガラガラと音もするし、どういうトリックを使ってるのかと思えば」

Mr3「私たちが落ちとるんだガネー!!!」
一同 「あああああ~~~~~~~!!!!」

4人共、落ちていく岩の瓦礫の上にいました
2009/02/18(水) 19:55 | URL | p #-[ 編集]
バギー「しまった、おれのマギー玉が強力すぎたせいで足場が崩れた~~~~」
ルフィ「違うぞ!!おれのパンチが強すぎたせいだ~~~~~!!!」
ボンクレー「いえ、あちしの蹴りが猛烈すぎたせいよ―――う!!!」
Mr3「いやいや、私のドルドルの・・・あ・・・私のはアレか・・・別に」
バギー「ねェのかよ!!!」

一同「業火に焼かれる~~~~~!!!(泣きべそ)」

その頃、LEVEL4――血の池―

囚人「おい、やめてくれ・・・・!!死んじまうよ!!!」
看守「どうなろうともそれが報い。お前達が今までにどれだけの人間を殺してきた、殺れ」
囚人「やめろォオ~~~~~~!!!」

でっけーのが囚人に棍棒を振り下ろそうと・・・おろした

囚人「ぎゃあああああ~~~~~!!!」

殴られた囚人達が血の池に落ちていきます

囚人「助げで・・・・!!!」
看守「薪を運べ!!モタモタするな!!」「囚人が逃げ出したぞ!!」
囚人「でけ!!熱い!!!身体が・・・・内臓が焼ける・・・!!!」「このフロア・・・・死ぬより苦しい・・・!!!もういやだ!!!道を空けろォ!!!」

逃げ出す二人の囚人の前にでっかいの持った男がいました

囚人「おい、どけ!!火の海に叩き込まれてェのか!?」

男睨んで、でっかいので殴りました

囚人「ウブ!!」「あァ!!ああ、落ちる・・・・!!!」
看守「貴様!!囚人が囚人に手をあげるなど・・・・!!!」
囚人「ギャアア~~~~」

殴った男こそ、Mr1でした

その頃

囚人「・・・・何事だ、マゼランもハンニャバルも・・・獄卒獣もガン首揃えて・・・・」
  「このフロアで何が始まるんだ・・・!!」

『LEVEL4LEVEL3との連絡通路前――』
バリバリ臨戦態勢です

看守「熱いな・・・・!!ここは」「降りてくるならこの扉だ」「通信はまだか」
  「奴らミノタウロスに打ちのめされたか?」「防火服をしっかり閉じろ」

ハンニャバル「署長、その署長イス、私に譲る時にはもっとオープンなやつにして下さいよ」

やけに奥行きの広いイスです

マゼラン「黙れ、おれは閉ざされた場所にいたいんだ、お前には心も閉ざしたい」
サディ 「こんなに待つなら私たち直接Lv3へ、ん~~~~(はぁと)行っちゃえばよかった」
マゼラン「・・・そう慌てるな、サディちゃん」
サディ 「私じゃないわよ、このコ達」

サディの後ろにでっかいのが3匹

ミノリノケロス(内気)
ミノコアラ(武闘派)
ミノゼブラ(人見知り)

サディ「いつでも血に飢えてて、ん~~~~(はぁと)あんまり気が長くないの」
所員「報告します!!麦わらのルフィは現在LEVEL3吹き抜けの塔の内側へ入り込んでいまして映像が確認できないそうで・・・・」
マゼラン「何ならそのままこのフロアへ落下してくれれば手間が省ける・・・・あの下は煮える血の池
     あいつらは全員能力者だ、落ちれば命はない・・・・・!!」
所員「マゼラン署長っ!!!ご報告を!!!侵入者麦わらのルフィはすでにこのフロアに入っております!!!」
マゼラン「何だとォオオ!!?どういう事だ!?」
所員「吹き抜けから落ちて来た模様で!!」
マゼラン「穴の真下は血の池のハズだぞ!!なぜ助かった!!?」
所員「おそらくですが!!共に落ちてきた巨大な瓦礫のお陰で回避できたのではと・・・!!!」

マ○オの様な図解です

所員「さらに!!」
マゼラン「何だ」
ハンニャバル「私、このイスいりません」
所員「獄卒獣ミノタウロスも動かぬ姿で落ちて参りました・・・・!!!」
サディ「!!?まさかやられたというの・・・・!!?」

マゼラン「落ち着け、警備兵の認証なしで使える階段は2つだけだ。3隊に分かれる事にする
     この場所、LEVEL3への階段を貴様に任せるハンニャバル。サディちゃんは獄卒獣を連れLEVEL5への階段を守れ」
サディ「そんな!!守りなんて、ん~~~~(はぁと)いやっ!!攻めたい!!攻めなきゃ生きてる意味がないわ、署長!!!」

ハンニャバル(私の所へ来たら逃がして署長責任に・・・)

マゼラン「不服か?(ため息)」
サディ 「ああっ!!ため息を、ん~~~(はぁと)やめて!!」
ハンニャバル「なぜ私まで―――」
マゼラン「捕らえた後は貴様の好きにするがいい」
サディ 「最高(はぁと)それ、たまんない」

マゼラン「残る獄卒共は全員で奴らを追え!!殺しても構わん!!」
一同  「はっ!!」
サディ 「ん~~~~(はぁと)ギリギリで生かしてね」

血の池付近

バギー「熱つ!!!熱っちゃちゃ、何だ、この通路ハデに熱ィ!!!」
Mr3「熱気で・・・・肺まで熱いガネ!!」
ルフィ「早く・・・・!!早くここ抜けたい!!どっち行きゃいいんだ!?」

ボンクレー「ん~~~がっはっはっは・・・・だーらしないわねーい、アンタ達
      心頭滅却すれば火もまたオカマ!!まあ、でも気持ちは解るわ!!
      ここは上の階よりも少々暑いもんね・・・ん?ああ・・・少し暑いわ、うん、ちょっと焼ける感じがするかも熱っつうゥウウウアア!!!」

一同「おめェが一番暑苦しいよ!!!!(怒」

ルフィ「ん?(くんくん)あっちだ!!行くぞ!!!」
バギー「オウ、どこ行くんだァ!!?」
ボンクレー「アッッツァ~~~~」
Mr3「やかましいガネ!!!」

ボンクレー「・・・・!!はて麦ちゃんの進んだ方角には・・・・・」

図解再び。ルフィの方角には調理場が

ボンクレー「調理場があるわっ!!!あちしもお腹ペコペコ――ッ!!!」
バギー  「おォ!!そりゃありがてェ!!!酒もありゃ最高だ」
Mr3  「待て、バギー!!!」

走るルフィ

ルフィ「熱ちっ!!熱ちっ!!熱ちっ!!いい匂い~~~!!熱ちっ!!いい匂い~~~~っ!!」
獄卒衆「見つけたぞ!!麦わらのルフィだ!!!」
ルフィ「うわっ、いっぱい来たな!!この階は上より暑ィけど腹ごしらえすりゃ元気100倍になるぞっ!!!ゴムゴムのォ~~~!!!花火!!!」
獄卒衆「うわああああ!!!」

一網打尽です

バギー「何だってんだオウ、相棒!!おめェもハデに腹減ってんだろ!!?」
Mr3「よく見るガネ、あのまとまった数・・・!!それに悲鳴と絶叫のLEVEL4にしては炎の拷問場も獄卒一人いない・・・!!
    見ろ、兵士が隊を成して動いている!この統制は日常ではないガネ!すぐに出入り口を確認するのだ
    我々は待ち伏せされて・・・!!このフロアに閉じ込められたのかもしれん!!!」
バギー「LEVEL4で待ち伏せって事はおめェ!!狙いは麦わらだろ!?俺たちが来たのは事故だぜ!?」
Mr3「どのみち脱獄囚として名も顔もバレてるガネ・・・・私が恐れているのは・・・・
    この騒動を打ち止めにする為このフロアにインペルダウンのオールスターが揃ってる可能性が高い・・・・!!!
    ・・・・の・・・・残り3人の獄卒獣は勿論・・・!!監獄署長マゼランまで出てきたら、もう・・・終わりだガネ!!!」

ルフィに何か飛んできました

ルフィ「わっ!!あァ、びっくりした。槍かなんか飛んできたかと想った・・・!!何だ?ゼリー?うんこ?」
ボンクレー「麦ちゃん!!!上~~~~っ!!!」
ルフィ「!!?」

マゼラン、ルフィの前に対峙

ボンクレー「マ・・・マゼラン~!!!!」
ルフィ「誰だ!?」
マゼラン「ネズミ共ォ~~~~・・・!!!」
2009/02/18(水) 19:57 | URL | p #-[ 編集]



モジバレ感謝です!




とうとうマゼランと対峙しましたね!


マゼランとルフィの戦いは、やはり避けられない・・・か。
そういう展開ならば・・・何か新技でも出しそうな予感がします(^^)
ここ、インペルダウンへ向かう間の4日間・・あれ?3日間でしたっけ?
・・・まぁ、その最中に、ハンコックに覇気について教わっていると思うんですね。
今回の一味がバラバラになってしまったことで
ルフィはもっと、仲間を守る為の力を求めていることは間違いないでしょう。
だから、新技を密かに完成させて(←ギア・セカンドやギア・サードのように)
その新技で敵も読者も驚かせてくれることを期待してますw



(この3~4日間の期間をルフィはただ食っちゃ寝食っちゃ寝してただけなわけがない!!(笑))





そして懸賞金も3憶から4憶ぐらいにあがりそう・・!
まぁ、この騒動が片付いたら多かれ少なかれ、懸賞額が上がるのは確実・・ですよね。

早くエース奪還できたらいいですね!!






あとは・・
Mr.1が・・!!!
久し振りですね!!!
個人的にMr.1は憎めないですv
てか生きててよかった!


それから・・・
ボンちゃんやっぱり良いですねw
好きですvv
まぁまず無いと思うけど、仲間にならないですかねー・・・
あ。でもハンコックも(ry









2009/02/18(水) 20:47 | URL | さくら #5n6qolko[ 編集]
失礼しました。最初の記事はウソバレでしたね。ごめんなさい。まんまと騙されました。しかし、巧く書かかはるなと感心しました。
絵バレが無いと真偽のトコわからないですね。

2009/02/18(水) 21:38 | URL | まる #-[ 編集]
ルフィ VS マゼラン?
ダズ VS ハンニャバル?
おかま VS サディちゃん?
バギー&Mr3 VS ミノ3匹?
2009/02/19(木) 06:21 | URL | * #-[ 編集]
2009/02/19(木) 12:38 | URL | HELL #mQop/nM.[ 編集]
おひさしぶりでっす!!
カイドウと赤髪の小競り合いかー。ロジャーにもっとも近い男は白ひげで、白ひげにもっとも近い男は赤髪なのか。この戦争で白ひげが敗れ、もしくはレイリーみたいに引退でもすれば、自動的にone pieceにもっとも近い男は赤髪になるだろうな。そうするといつかは頂上でルフィーとの再会を願う赤髪実現するかもな。
2009/02/20(金) 12:08 | URL | やっちゃったヨーさん #-[ 編集]
次休載ですってー
2009/02/20(金) 19:17 | URL | p #-[ 編集]
ワンピースと繋がってそうなの発見したよ。
『魔の三角海域―その伝説の謎を解く―』 ローレンス・D・クシュ
↑実在する本です。
この本ワンピースと繋がってそうですね。
作者もDの名をもっているし因みにデビットだったかな・・・・
2009/02/21(土) 19:19 | URL | んー #-[ 編集]
マゼラン署長は、ロギア系(自然系)だと言う人が多いですが、私はパラミシア系(超人系)だと思う。??
まぁ、次の第534話ではっきりするでしょ。
ルフィはマゼランとの戦いで、そろそろ覇気登場ですかね~。??
ワンピース来週休みなんて悲しすぎる。(´Д`)
でも、その分楽しみが倍増しますけどね。(^O^)
2009/02/22(日) 00:03 | URL | K #-[ 編集]
私もパラミシアだと思います。
覇気登場は良いですね。でもインペル入ってから4時間たつし、一日5食(確か)のルフィにとっては
かなりつらいと思います。ギア2,3使ってるし普通に考えたら体力やばいんじゃないでしょうか?
発動時間は短いですけど・・
何か起こるんでしょうかね。
マゼラン腹痛により戦闘放棄とか(笑) それだけはあってほしくない!
2009/02/22(日) 12:04 | URL | co #-[ 編集]
ルフィはマゼランに捕まっちゃうんじゃないかなぁ。

ただ、捕まっても他のメンバー(Mr.2やMr.1)がルフィの意思をついでエース奪還をする。ついでにジンベエも。
白ひげはエース釈放を喜ぶがジンベエやルフィ海賊団の他メンバーと共にルフィの救出を目論む。
そこで白ひげ連合軍VS七武海が勃発。

そんな流れだったら面白いかなぁ。
2009/02/22(日) 17:11 | URL | ワン #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/23(月) 19:15 | | #[ 編集]
個人的にはマゼランは大監獄インペルダウン最強ってことで負けてほしくありません。。なので私的な予想は戦闘の途中でマゼランが(グッ・・さっき食った毒入りおやつがぁ・・・・。お前ら!ちょっとここでまってろ!トイレ入ってくる!!こっちの方も激しくなりそうだな。。)といってトイレに行ってるその間にみんな先へ進む。んでエース、ジンベイ、イワさんを救出し脱走。脱走後マゼランがトイレからでてきて(はぁ・・今回は今までで一番激しかったな・・。!!??あいつらどこえ行きやがった!?)部下(署長!!どこえいってらしたんですか!?麦わらおよび他囚人数名が最重要人火拳のエースならびに王下七武海ジンベイ、カマバッカ王国国王を連れ、以下全員脱走しました!!)
マゼラン(んん何だとぉ~~~!!!?)といってマゼランの超天然っぷりに期待したいです!
2009/02/24(火) 07:52 | URL | 水 #-[ 編集]
マゼランとの闘いはどうなるか分かりませんが、インペルから脱獄できるとすれば、、、

Mr.3のドルドルの能力で全員ローソクで覆われて、海へ脱出。

もしくは

ジンベエに助けてもらう。

多分、後者のジンベエが正解じゃないでしょうか?
2009/02/24(火) 17:58 | URL | JUVE #-[ 編集]
水さん>
面白い内容の記事ですね。

Kさん>
私もパラミシアと思っていましたが、ロギア意見が多数なのですか?
確かに、ロギアとも考えられなくもありませんが、毒・・・・物質ですよね。
スナスナやクモクモクはロギアですよね。
毒のイメージって、液体も個体もありますが、一般的に細かい物質の集合で、ゴムのように固形化した物ではないですよね。
それにパラミシアって特殊身体能力を持った超人なので毒の能力は超人とは言わないですよね。
やはり、そうするとロギアのように思えてきます。

ロギアでも毒は火に弱いでしょうね。物質なんで当然燃えますから。勿論、ゴムもですが。
Lv4って焦熱地獄なんで、使い方によってはひょっとしたらルフィーに歩があるかもしれませんね。
Mr1がどう絡むか・・・・。火に強そうですし。でも、毒で腐食されるかもしれませんし。今後に期待!
2009/02/25(水) 09:37 | URL | ロシアンブルー #-[ 編集]
シャンクスとカイドウの小競り合いは海軍を困惑させる為であってほしいなぁ~!実は仲良かったりして 四皇がこんな形で今更白髭の首とってもみたいな
2009/02/25(水) 12:13 | URL | #-[ 編集]
ハンニャバルって強いのかな?
2009/02/25(水) 12:34 | URL | K #-[ 編集]
一応副署長なので強いのでは?

私の予想脱出方法はルフィのギア3rdで外側の壁を破壊。それであのMr.3が前にバナナワニから逃れたドルドルボールをヒントにジンベイ以外みんなその中へ。んでジンベイがそれをひっぱてインペルダウン脱出。ジンベイはいつも白髭のとこに行くとき水中を泳いでいくってのをヒントにその後水中から出ずにシャボンディか白髭船へ。
2009/02/25(水) 13:27 | URL | 水 #-[ 編集]
イワさんはガープがウォーターセブンで説明した時の四皇の写真と同じじゃないですかね?
2009/02/25(水) 15:45 | URL | けん #lO.gWBLo[ 編集]
>それにパラミシアって特殊身体能力を持った超人なので毒の能力は超人とは言わないですよね。

いえ、言うと思います。マゼランの能力は体から毒を出す能力でしょうからね。それに、パラミシアは「原形を保つもの」と定義されてますし、マゼランが「ヒドラ」を出したときも原形はそのままでしたから。
ですから、まずロギアというのはありえないかと。

それと、最近の新連載はまともなのがありませんね。あれではすぐに終わるのも無理はないですね。
2009/02/25(水) 17:29 | URL | #-[ 編集]
エネルも カミナリで 竜が出せましたが  ロギア系は竜が出せるのでしょうか? もしかして エースも火竜 サラマンダーとか出せたりして ロギア系だと色々種類のドラドンが作れる気がします
2009/02/25(水) 19:41 | URL | e #qGPktBHA[ 編集]
>ロギア系は竜が出せるのでしょうか?

まずだせますね。というより、ロギア系は「体を」自然に変形させる力ですので(つまり、マゼランは体から竜を出したのでパラミシアだと言えるのです)、何でも出せるでしょう。単に技のバリエーションとして竜が出たのでしょうが、バリエーションであろうが見てみたいですよね。特に火竜なんて。

個人的には光竜をみてみたいですね。
2009/02/25(水) 21:16 | URL | #-[ 編集]
>パラミシアは「原形を保つもの」と定義されてますし、マゼランが「ヒドラ」を出したときも原形はそのままでしたから。ですから、まずロギアというのはありえないかと。

確かに一理ありますね。
ただ、ヒドラから囚人に毒を飛ばしていましたし、533話でも上から『う●こ』とルフィーが勘違いした場面もありますが、体から分離していますよね(バギーは省く)。
また、たまたま体から出ている場面を描いただけとも考えられます。
そうすると、毒の能力はパラミシアである「原形を保つもの」との定義は成り立ちません。
ただ、バギーみたいに『う●こ』が元に戻る可能性もごく僅かですがありますし、現時点ではどちらも断定できません。
2009/02/25(水) 22:27 | URL | アメリカンショート #-[ 編集]
↑追記
あっ、でもドルドルの実もありますね。分離していますし。元に戻っていませんよね。
そうすると上の理屈は破綻しますね。
やっぱり、パラミシアかな。
2009/02/25(水) 22:34 | URL | アメリカンショート #-[ 編集]
ロギアかどうかの判断方法は、攻撃が当たるかどうか・・でしょうね。
海軍大将の黄猿も、藁藁の実がロギアかそうで無いかを、攻撃が当たるかどうかで判断していましたし。
物語が進むにつれて、パラミシアはかなり幅が広くなってる様に思えます。
ハンコックのメロメロの実はハート型の塊を指から出して撃っていましたし、ペローナのホロホロの実も結構応用効きますよね。
2009/02/25(水) 23:28 | URL | ジャン #LxbJ3fcE[ 編集]
管理人さん,
なぜ自分は書き込み制限をうけているのですか?
何かしたんであれば,もう二度としないので止めていただきたいです。
2009/02/26(木) 07:41 | URL | ユパ #-[ 編集]
作者次第でドクドクの実はパラミシアかロギアになるね。
どちらにも描けるもん。
2009/02/26(木) 09:32 | URL | #-[ 編集]
ジャンさん>

ヤミヤミはロギアだが、攻撃当たるぞ。
2009/02/26(木) 09:39 | URL | ブー #-[ 編集]
マゼランはMr.3と同じようにパラミシアでしょう。
あと,エースガサラマンダーを召喚できるという意見が見られましたが,サラマンダーってもう既出ですよね?
2009/02/26(木) 16:46 | URL | ユパ #-[ 編集]
ヤミヤミの実は、厳密には当たるのじゃなく
吸収している(無限の引力)のでは。

攻撃者からみれば、「当たる」「当てる」が正確な表現になりますが
特性は、あくまで吸収=引きづりこめる。
2009/02/26(木) 20:08 | URL | シコシコの実 #-[ 編集]
ユパさん
コメントありがとうございます。

>なぜ自分は書き込み制限をうけているのですか?
中傷コメントをする人をいなくするために、コメント制限をしているのですが、携帯のIPは、数字の幅があり複数の人が同じIPを使用する形になっているようで、どうしても他の人も巻き添えにしなくてはコメント制限をかけられませんでした。
現状の私の知識では荒らしを無くすためにはコメント制限を解くことができない状況です。
本当に申し訳ないです。
2009/02/26(木) 20:42 | URL | ワンピース研究家 #kkcJj/F.[ 編集]
ハンニャバルもドミノも能力者でしょうか?
ロウでコーティングして戦うのでしょうか?
2009/02/26(木) 20:56 | URL | * #-[ 編集]
副署長ハンニャバルも獄卒長ドミノも、もしかしたら能力者かも知れませんね。
覇気の可能性もあるよ。
世界中の凶悪犯を管理してるから、やっぱりみんな強いでしょ。
2009/02/27(金) 07:57 | URL | K #-[ 編集]
マゼランのドクドクの能力は
カリファのアワアワの能力みたいなものじゃないでしょうか?
カリファってパラミシアですよね?
2009/02/27(金) 11:58 | URL | #-[ 編集]
カリファはパラミシアですね。
2009/02/27(金) 18:49 | URL | #-[ 編集]
マゼランがロギア系かパラミシア系か分かりませんが、覇気って相手の能力無効化みたいな効果があったりしないでしょうか?戦い中、ドサクサ紛れに調理場で体力回復したルフィが、覇気を出してマゼランを殴り飛ばすとか。ふと、対マゼラン戦を想像して、予想してみました。

レイリーが黄猿に剣で傷をつけた事とかが、それで説明できそうな気がしたのですが。
2009/02/28(土) 02:11 | URL | ふ #-[ 編集]
レイリーの剣ってカイロウ石でできてんじゃないの?
2009/02/28(土) 05:18 | URL | 水 #-[ 編集]
覇気は、実態がある・ないに関わらず攻撃ができると思いますよ
その攻撃は凶器と同じだから レイリーの剣にも当然覇気が通っており
黄猿が能力を発動して移動しようとした際に、
遮断した結果 顔が傷ついてましたし。

思えば、シャンクスと白ヒゲが抜刀した際に、互いの強力な覇気がぶつかり
上昇して天が割れた(雲が2つに裂けた)って相当すごいですよ。
2009/02/28(土) 11:34 | URL | シコシコの実 #-[ 編集]
てかレイリーの剣になぜ覇気が通っていると?
例えばガープの拳骨がルフィに効くのは愛の拳だからという理由です。となるとレイリーの剣は・・・?答えは恐らくカイロウ石でしょう。

>物語が進むにつれて、パラミシアはかなり幅が広くなってる様に思えます。

同感です。
2009/02/28(土) 17:13 | URL | #-[ 編集]
あの剣が海楼石の可能性もあると思います。ただ、最初に黄猿を止めたのは蹴りだったと思います。
あのときレイリーは確か草履で蹴ってたので、あのときの草履やマリーゴールドの槍も海楼石でしょうか。戦桃丸の張り手はなぜルフィに有効だったのでしょうか?

マーガレットが覇気を矢にまとわせてた事や、マリーゴールドやサンダーソニアの攻撃がルフィに効いて覇気使いだった事から、覇気でつじつまが合うので、剣に覇気をまとわせてた可能性もあると思います。

2009/02/28(土) 19:12 | URL | まる #-[ 編集]
多分戦闘丸の右腕にカイロウ石、左手に覇気をまとってたからルフィに攻撃できたと思う。
2009/03/01(日) 09:37 | URL | 水 #-[ 編集]
覇気使うんなら右腕にカイロウ石ある意味ないでしょう。
戦闘丸もレイリーも覇気オンリーだと思います。
2009/03/01(日) 11:18 | URL | #-[ 編集]
前から疑問に思っていたことですが、クロコダイル戦のラスト、大地をも切り裂く「デザートエスパーダ」をルフィは素手でぶち破っています。なぜあんなことが可能か、今まではなんとなくご都合主義で納得していたんですが、あれも覇気によるものと考えれば合点がいきます。(血で濡れていたというのはクロコダイルの技の威力とは無関係ですよね??)ルフィがあんなに怒った相手も中々いなかったのではないでしょうか。
2009/03/01(日) 14:29 | URL | 45 #qNXjQhIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onepiecepage.blog72.fc2.com/tb.php/3179-95d966cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ジャンプ 13号 ネタばれ感想
2009/02/23(月) 19:12:39 | Happy☆Lucky
ジャンプを読みました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 最強の赤ん坊がまた来ました。 ...
2009/02/25(水) 00:18:52 | ビヨビヨ日記帳2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。