ワンピースについて詳しく調べていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告
ジャンプ記事一覧 マンガタイトル一覧 前回 次回

タイトル 第468話 ”海賊チョッパーvs怪人ホグバック”

週刊少年ジャンプ 2007 39号
発売日 2007年8月27日

ジュンプに掲載されている順番 2番目

収録コミックス 48巻

トビラ絵連載 エネルのスペース大作戦Vol.33「古代都市にほとばしるエネルギー」 前回 次回

トビラ絵 1ページ

本編 18ページ 108コマ

1ページ目 4コマ
2ページ目 4コマ
3ページ目 4コマ
4ページ目 4コマ
5ページ目 6コマ
6ページ目 8コマ
7ページ目 7コマ
8ページ目 4コマ
9ページ目 5コマ
10ページ目 7コマ
11ページ目 9コマ
12ページ目 7コマ
13ページ目 6コマ
14ページ目 6コマ
15ページ目 7コマ
16ページ目 6コマ
17ページ目 8コマ
18ページ目 6コマ

キャラクター登場数
1位 チョッパー 45コマ 41.7%
2位 シンドリー 41コマ 38.0%
3位 ホグバック 39コマ 36.1%
4位 ロビン 23コマ 21.3%
4位 犬ペンギン 23コマ 21.3%
6位 ジゴロウ 19コマ 17.6%
7位 ゲッコー・モリア 2コマ 1.9%
8位 ペローナ 1コマ 0.9%
8位 アブサロム 1コマ 0.9%
10位 ルフィ 0コマ 0.0%
10位 ゾロ 0コマ 0.0%
10位 ナミ 0コマ 0.0%
10位 ウソップ 0コマ 0.0%
10位 サンジ 0コマ 0.0%
10位 フランキー 0コマ 0.0%

【コメント】
今回の話では、ホグバックは、かなり悪い感じになっていました。
ホグバックの昔の話によって、ホグバックがゾンビである可能性がほとんどなくなってしまったと思うのですが、
そうすると、生まれつきあんな体をしていたということになるのでしょうか。
最後にシンドリーちゃんが、影の方か体の方かわかりませんが、抵抗している様で、体が動かなくなりましたが、
この後の展開は、どのようになるのでしょうか。
ホグバック自身は、戦闘ができないようなので、
シンドリーちゃんが動かなくなった時点で、ホグバックの敗北は決定的なのではないかと思うのですが、
この後の展開としては、ホグバックになんらかの協力をさせるとか、そんな感じになるのでしょうか。
それとも、ホグバックに隠された力や能力などがあるのでしょうか。
しっくりとくる予想が思いつかないので、
次回の話を待ちたいと思います。

この記事は以下のブログにトラックバックしています。

ワンピースの感想を載せているブログ

Happy☆Lucky
トップ:http://mirumo.serika.ciao.jp/
感想ページ:
<カテゴリー>ジャンプ感想
<記事>「ジャンプ 39号 感想」

ラブ教総本山
トップ:http://blog.livedoor.jp/aaa516/
感想ページ:
<カテゴリー>週刊少年ジャンプ
<記事>「【大経典】週刊少年ジャンプ39号(8/28)」

スポンサーサイト
タグ: エネルのスペース大作戦
コメント
この記事へのコメント
ホグバックはチョッパーならずとも
がっかりでしたね。
普通にシンドリーちゃんのことを
好きだったとかそっちのほうが
まだましだったというか。。
2007/08/27(月) 23:21 | URL | honey #wLMIWoss[ 編集]
honeyさん
コメント、トラックバックありがとうございます。

>ホグバックはチョッパーならずとも
>がっかりでしたね。

確かに、がっかりな感じはありましたね。
ただのおバカなノリのキャラかと思っていたのですが、
あんな悪い感じになってしまるとは・・・。
2007/08/29(水) 23:19 | URL | ワンピース研究家 #kkcJj/F.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onepiecepage.blog72.fc2.com/tb.php/2230-dc101cdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ジャンプ 39号 ネタばれ感想
2007/08/27(月) 23:18:59 | Happy☆Lucky
ネタバレ必死、週刊少年JUMPです。毎度お馴染みになります1日遅れの更新です、、、
2007/08/28(火) 06:55:51 | ラブ教総本山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。